読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく暮らしたい毎日雑記

30代アラフォー新米主婦生活はじめました。暮らしの中での雑記を綴ってゆきます。

「Amazonフレッシュ」が日本上陸!年会費、配送時間、料金などを調べてみた|ノンストップでも紹介

よく読まれている人気記事

  1. 【シンゴジラ】DVD/BD予約特典 & 最安値比較!セブン、amazon、楽天のどこが一番お得?
  2. 【予約開始】【FF12】『ファイナルファンタジー12 ザ ゾディアックエイジ』 Amazon、セブンで予約開始!どこで予約するのがお得!?
  3. 【セブン】4月13日再販「ニンテンドースイッチ」セブンネットでは3時間で売り切れ!
  4. 【節約】市販のカスピ海ヨーグルトと牛乳で簡単に自家製ヨーグルトを作ってみた【牛乳パックで作る】


http://s.eximg.jp/exnews/feed/Dreaminnovation_vent/Dreaminnovation_vent_news_coCzLvNqmg_1.png

 

Amazonフレッシュ」が日本上陸

総合オンラインストアの「Amazon.co.jp」が、野菜や果物、鮮魚、精肉、乳製品といった生鮮食品を含む商品を購入できる「Amazonフレッシュ」の日本国内での提供を開始すると発表しました。

 

東京6区で開始!対象地域拡大予定

Amazonプライム会員向けのサービスで、まずは東京都の港区、千代田区、中央区江東区墨田区江戸川区(一部エリアを除く)を配送対象地域としてスタート予定。

 

「※Amazonフレッシュ」は、2007年に米国・シアトルで開始された生鮮食品配送サービス。生鮮食品を含む、10万点以上の商品の注文ができる。

 

今半の肉など、専門店の商品も多く取り揃えているため、手軽に注文できるのはありがたい。

 

また、配送は最短で4時間で届けてくれるのも、利用価値が高い。

 

朝頼めば、午後には届けてくれるため、急なお客や予定などにも柔軟に対応できる、頼れるサービスになるのではないでしょうか。

 

Amazonフレッシュ」を使うための年会費や配送時間、料金などを調べてみたのでご紹介します。 

 

Amazonフレッシュとは:
2017年4月現在、ニューヨーク、スタンフォードトレントンフィラデルフィア、ボストン、ボルティモア、ワシントン、北バージニア、シカゴ、ダラス、アトランタ、マイアミ、カリフォルニア州の7地域で利用できるほか、英国のロンドンにおける一部、サリー、ハンプシャーでも利用可能。

 

Amazonフレッシュ」の年会費は?

Amazonフレッシュ」を利用するには、Amazonプライム会員になった上で、「Amazonフレッシュ」利用料金を払う必要がある。

年間では、1万円以内の利用料金となる。

  • Amazonプライム会員年会費3,900円(税込)
  • Amazonフレッシュ月額500円(税込)
    ※いずれも30日間無料お試し期間あり

 

配送時間は?

配送時間はこちら。効率よく配達が行える配慮として、再配達をしない点に注目したい。
注文の際は、注意して受取時間の指定が必要となる。

  • 8:00~深夜24:00の間で、2時間ごとの時間帯で指定可能。
  • 注文から最短4時間で受取可能。
  • 再配達なし。不在の場合はキャンセル扱いになる。

 

配送料金は?

  • 注文合計額が6,000円以上の場合、配送料は無料。
  • 6,000円未満の場合、1注文あたり500円の配送料がかかる。

 

 

注目の「Amazonフレッシュ」だが、まずは準備としてAmazonプライムに加盟しておく事をオススメします。

 

↓ ↓ ↓

 

Amazon.co.jp: Amazon プライム