読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく暮らしたい毎日雑記

30代アラフォー新米主婦生活はじめました。暮らしの中での雑記を綴ってゆきます。

【料理】巷で人気!家にある調味料でレモン鍋を作ってみたら簡単で激ウマだったのでご紹介!マツコの知らない世界

料理


f:id:ymmm15:20161112205552j:plain

以前マツコの知らない世界で紹介されていた『広島レモン鍋の素』で作るお鍋がとても美味しそうだったので、今日の夕飯はレモン鍋にしてみました。

でも、家の近所にはあの美味しそうな『広島レモン鍋の素』が売っていないので、家にある調味料のオリジナルレシピで作っちゃいました笑

家にあるこまごまとした野菜をたくさん入れましたが、なければ
レモン、白菜、豚肉、キノコ、もやし、いろどりに青菜の何か、があれば良いかと思います!

国産レモンがなかったので、国産かぼすで代用しました。

塩麹がなかったので、麹たっぷり味噌で代用しました。

【味噌レモン鍋(かぼす)】材料(4人分)

  • 豚肉薄切り 300g
  • 手羽元 4本
  • 大根(0.5mm程度の細切り) 5cm
  • 白菜 1/8
  • 小松菜(ざく切り) 2束
  • レンコン(1cm程度細切り) 5cm
  • 白ネギ(斜め切り) 1本
  • しいたけ(薄切り) 3個
  • えのき 半株
  • エリンギ 1本
  • もやし 半袋
  • かぼす(薄切り) 1個 ※これは後入れです
  • 水★ 300~400ml ※気持ち少なめで。水分なくなったら足してください。
  • 出汁昆布★ 1かけ
  • あご出汁パック 1つ ※なければかつお出汁でもほんだしひとさじでも可
  • ポッカレモン☆ 大さじ3 ※酸っぱさはお好みで調整ください
  •  大さじ2
  • 砂糖 大さじ3
  •  大さじ1
  • 味噌 大さじ2 ※アミノ酸の多い麹たっぷりの味噌がいいです

【味噌レモン鍋(かぼす)】作り方

  1. 鍋に★の材料を入れてだし昆布から美味しいダシが出るのを10分程度待つ。

  2. その間に肉の処理を行う。豚肉と手羽元をお酒と少量の砂糖をまぶして揉み、10分程度置く。

  3. 全ての具材を切っておき、もやしは水で洗いザルにあげておく。

  4. 1.の鍋に3.の野菜と肉を入れ火をかける。
    火の通りにくい白菜の軸や根菜から入れ、肉や骨からダシが出るよう肉を水が浸る箇所に入れ、最後に菜っ葉類を入れ葉でふたをするように入れる。
    もやしとかぼすは後入れの予定のため、ここでは入れない。
    沸騰したら、出汁パックと昆布を取り出す。(昆布を食べるのがお好きなら入れたままでもOK)

  5. 沸騰したら火を中火にし、灰汁をすくい取る。

  6. ☆の調味料で味をつける。野菜から水分が出るので心持ち濃いめの味付けでOK(酸っぱさなど味見をしながらお好みで)

  7. かぼすの薄切りを加え、鍋に蓋をし5分ほど弱火で煮込む。肉、野菜に火が通ればOK。仕上げにもやしを加え、さらに2分ほど煮込み、完成!
    ※かぼすは10分以内の煮込み時間になるように調整してください。煮込みすぎると苦味が出てしまいます。

f:id:ymmm15:20161112205552j:plain

感想とポイント

作るポイントは、以下です!うま味と酸味のバランスが絶妙でした!

  • アミノ酸たっぷりの麹味噌を入れ、うま味アップ!少量のため、うま味が上手に残り、味噌くささというか味噌鍋っぽくなりません!
  • 手羽元と豚肉でWダシが出る具材をチョイス!
  • もやしは後入れし煮込み過ぎず、シャキシャキ感を楽しむ!
  • かぼすは10分未満の煮込み時間で苦味を出さない!

実際作って食べましたが、想像以上の美味しさに作った私もびっくりでした。
家にあるもので代用できるもんですね~笑

もっと簡単にレモン鍋を楽しみたい方は、『広島レモン鍋の素』を使われるのも良いかと思います。

【よしの味噌】 広島レモン鍋の素 【180g】

これから寒くなりますので、是非レモン鍋を試してみてくださいね。

 関連記事はこちら

japan15.hatenablog.com